【運送業】なうたりさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【運送業】なうたりさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

なうたり

性別

男性

年齢

50歳

都道府県

熊本県

職業

運送業

仕事内容

仕事は軽運送業です。軽自動車で宅配やその他さまざまな部門で頑張っています。
宅配は一般家庭のお荷物の運搬などです。その他メール便などの配達もあります。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

学歴はあまり関係ないのですが、接客ができないといけません
それと基本的に運転免許は必要です。車中心の生活になりますから
車にもある程度知識は必要になってくと思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

運送業の仕事はなんでもそうだとは思いますが、運転しながら道を覚えなければなりません。
これは基本中の基本です。ですから方向音痴とかではやっていけません。
そしてなによりもお客様との対応ができないといけません。私は慣れるまではおどおどしてて苦労しました。
でも慣れてきますと、技を生み出すこともできます。
道を覚えることに関しましては現代はカーナビがあるからいいのですが、基本的には自分の頭で覚えないと、中に入ってきません。
機械ばかり頼れないところも苦労しました。

1日の主なスケジュール

午前中に個人宅の配達を30件ほどやりまして、午後からはメール便の配達を150件ほどやっています。

年収

300万

職場の平均年齢

40歳くらいです

魅力、やりがい

軽運送業はなによりも自由に仕事ができるということが魅力です。
責任は重いですが、自分でいろんなことを考えたり、実践してみたりすることは100%できますし、上からの指示だとかいう、わずらわしい人間関係もありません。
ただ気をつけることは、お客さんとの対応のグレードを上げていく努力を怠らないことが大切です。
お客さんは新鮮ですから、こちらの態度や対応が悪いとすぐに見破ってしまうものなんです。
ですから適当にはできないところに魅力を感じています。

大変なこと、苦労したこと

苦労したことは、一日の中で、配達が全部終了できなくなったことがありました。
私は夜間の配達がどちらかといいますと、苦手なものですから、初めていくお宅への配達は道がわからなくなったりして大変な思いをしました。
時間指定の荷物とかがありますとどうしても緊張感が走ってしまうものです。
そんなときに道がわからないではお話にならないのです。特に雨の日の夜間は大変です。
私はある日焦っていたのか事故を起こしそうになったことがあります。
荷物の安全と自分の安全が一番です。

その職業の将来性について自分が思うこと

宅配部門におきましては、これまでにお客様が荷物の発送センターや取扱店まで荷物を持ちこんでという形が最近ではかなり減少傾向にあります。
といいますのはインターネットの普及が急速に伸びているからです。
この状況が今後も続いていきますと、物流業界はかなり伸びてくのは間違いありません。
配達はどうしても人間の力でないとできないのが今の現状です最近ではドローンなどの配達も考えられるような時代になってきていますが、人間の配達ほど確実なものはありません。どんなにネット社会でも人間の手でお客様にお荷物をお渡しすることが基本だと思いますから、この業界はまだまだ伸び続けると考えています。

ここだけの話(裏話等)

宅配には時間指定という配達時間が決められていることがよくあるのですがこれは100%ではないのが事実です。
物多ければ配達が完全ではないのは物理的に言えることです。
ここだけの話ですが、嘘も方便でお客様とお話することもあります。

その職業を目指している方にメッセージを!

いまこそ宅配業界が盛り上がる時代が到来してきています。
インターネットが伸びれば、宅配業界も比例します。
時代の先が読めるあなた、ぜひ宅配業界に飛び込もう!
この時代にあった自由でやれる仕事です。人間は最終的には自分の自由で仕事をしたい動物なのです。
人に使われないで自分が社長となって自分の会社を事業を大きくしてみたいと思いませんか?さまざま苦労はどんな仕事にもあると思いますが、その苦労乗り越えてしまえばすべて自分の思い通りになりますよ!

関連お仕事(運輸系)