【アミューズメント施設のチケット販売】beansさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【アミューズメント施設のチケット販売】beansさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

beans

性別

女性

年齢

30歳

都道府県

神奈川県

職業

アミューズメント施設のチケット販売

仕事内容

施設に遊びに来たお客様にチケットを販売したり、その他様々な案内業務全般を行う。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

資格や学歴はあまり関係ないですが、接客が好きなことは重要だと思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

資格等は必要ではなかったですが、接客業なので肌をきれいに見せるように慣れないお化粧をしたり、明るくハッキリしゃべる事を努力しました。

1日の主なスケジュール

【アミューズメント施設のチケット販売】beansさんの1日のスケジュール

年収

232万円

職場の平均年齢

20代前半

魅力、やりがい

アミューズメント施設と接客業が好きで入りました。
オープニングスタッフだったので、施設のコンセプトや作業の仕方もすべて1から作り上げていくのは大変でしたが面白かったです。
接客は、続ければ続けるほどうまくなっていくし、毎日新しい課題が出来て毎日が刺激的でした。
自分が「こうしたら喜んでくれるかな」と思った事を実際にお客さまが喜んでくれたり、「ありがとう」と言ってくれると今までの苦労も忘れるくらい嬉しいし、やりがいも感じます。

大変なこと、苦労したこと

オープニングスタッフだったことは楽しかった反面、とても大変でした。
まず挨拶の仕方から全員で学び、現場ではお客様の導線を、どうしたら安全で効率的に作れるか、現場で起こりうる問題点とその解決策、マニュアル作りまで、時には意見をぶつけ合いながら、同期と一緒に大変な思いをして作り上げました。

体調不良のお客様が出たときは、ほかのお客様のご迷惑にならないように配慮したり、救急車を呼ぶようなこともあったのでその時は現場の管理者としての責任感も感じました。

その職業の将来性について自分が思うこと

アミューズメント施設というのは、日常的にどうしても必要なものではない故に本当に良いものを作らないと存続は難しいかもしれません。

ですが、やはり家族の時間を過ごす場所であったり、デートで訪れる場所であったり、ストレス社会で生きる私たちにとっての息抜きの場所として存在するべきであると思います。

そこで働く従業員はお客様の幸せを最大限に引き出すためにも必要です。
これからの時代、特に心のこもった気の利いた接客ができて、加えて多言語がしゃべれる人は活躍して行くのだろうなと思います。

ここだけの話(裏話等)

アミューズメント施設で働くものの特権のひとつ。
担当スタッフと仲良くなって園内のレストランで割引してもらったり、無料で遊ばせてもらったりしていました。

自分の部署のチケット販売では、友人が来たときにただで入れるチケットをあげたりも。。。

その職業を目指している方にメッセージを!

接客業のプロフェッショナルを目指す道はかなり険しいです。
お客様のご要望は一人一人違いますし、自分がいいと思って行ったことで逆にお客さまを不快な気分にさせてしまうことも多々あると思います。
理不尽な扱いを受けたり、暴言を吐かれることもあります。
けれども、お客様に「ありがとう」と言ってもらえた時の気持ちはひとしおです。
周りの同期や先輩方の接客をよく観察して、良いところは取り入れ、悪いところは直していきながら、接客を学んで下さい。
自分の接客業を気に入ってファンになってくれるお客様ができると本当に嬉しいし、毎日のお仕事にもハリがでますよ。

関連お仕事(接客・販売系)