【営業】yuukiさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【営業】yuukiさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

yuuki

性別

男性

年齢

24歳

都道府県

山形

職業

営業

雇用形態

正社員

仕事内容

建築関係の営業職です。
主に法人営業を行っており、立ち位置としては建物を施工するゼネコンの下請けという形になります。

基本的には建物の設計段階から提案を行い、
実際に建てる段階になったら刈り取りをするというような形です。

その仕事に就いたキッカケは?

大学時代から学んでいた建築の知識を活かした仕事がしたいと考えていたことがきっかけです。
就活時に、様々な企業を見る中で、
今働いている会社がとても魅力的に見えました。
実際に会社の社長とも話をさせてもらい、
それがきっかけで今の会社にお世話になることを決めました。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

大学時代の就活でしたので、
「リクナビ」
で見つけました。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

資格

運転免許

学歴

基本的には学歴問わず

職種によっては大卒以上

その仕事に就くのに苦労したこと

学生時代の就活でしたので、苦労したことは周りの就活生以上に自分が気に入られる必要があったことです。

資格については、入社時に問われていることはありませんでしたが、
面接時に建築士の資格取得を求められ、入社後に1年くらい勉強して建築士の資格を取得しました。

1日の主なスケジュール

年収

350万

職場の平均年齢

35歳くらい

魅力、やりがい

自分が昔から学んできた知識を活用できていることはやりがいです。
比較的大きな建築物の計画に携わるため、自分の仕事が社会に与える影響の大きさを実感できます。
仕事内容でいえば、出張時は自分の時間管理で行動できるため、比較的内勤よりも気持ちが楽だといえます。
一番のやりがいはやはり、自分が興味のあることに携わっていられること。
好きなことをにかかわっているという実感を常に感じていながら仕事をしていられることです。

大変なこと、苦労したこと

外回りの際の時間管理は自由ですが、基本的にはお客様と商談をしている時間になるため、事務作業がたまりやすく、夜ホテルで仕事をするという機会も多いです。
社内にいる場合も同様、残業が多くなりがちで、プライベートの時間を確保することが難しいため、ワークライフバランスをとることが難しいです。
また、大きなお金が動く仕事なので、1つのミスが与える影響も大きいという点がストレスになります。
営業なので、常に数字を求められ、結果が出ない時期の仕事はつらいものがあります。

その職業の将来性について自分が思うこと

営業というくくりで考えると、いまはインターネットのサービスも普及しているため、わざわざ外回りをしなくても仕事が入ってくるという時代になってくると思います。
職種自体はなくならないと思いますが、営業は足で稼ぐという時代は終わるのではないかと感じています。
これからの営業は、根性論や人間性の話だけではなく、よりグローバルでデジタルなものに詳しいひとが活躍できる職業になると思います。
私がかかわっている建築というジャンルにおいては、波の激しい業界になります、景気に左右される面も大きいため、日本経済しだいと思います。

ここだけの話(裏話等)

営業全般にいえることではないですが、建築業界の営業というくくりでいうと、仕事量がものすごくおおいです。
また、お客さんと話すスキルだけあればいいというものでもなく、商品知識・建築学的な知識も必要とされ、習得しなければならないものがたくさんあります。
仕事としてみると、とてもブラックな業界だと思います。

その職業を目指している方にメッセージを!

営業は誰にでもできる仕事ではないです。
人間性+知識が要求されます。
人と接することが好きで、なおかつコツコツと頑張れるひとは向いています。
また、建築という業界は、とても仕事量が多く過酷な業界です。
成功するには本当に自分の仕事が好きでなければ続けられないと思います。
営業として活躍することを目指している方へのメッセージは、とにかく人を好きになってください、そして自分が営業するジャンルをとことん極めてください!
ということです。

関連お仕事(営業系)