【郵便局員】yo-nashi0209さんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【郵便局員】yo-nashi0209さんのお仕事レポート

ハンドルネーム

yo-nashi0209

性別

男性

年齢

29歳

都道府県

愛知県

職業

郵便局員

仕事内容

小包や郵便の仕分け、その他簡単な書類作成

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特になし

その仕事に就くのに苦労したこと

特になし

1日の主なスケジュール

6:30
出社し、業務のための下準備。
6:45
小包を積んだトラックが到着。トラックから「パレット」と呼ばれる専用の荷台に積まれた小包を下ろし、作業場へ運ぶ。
6:50
他のメンバーと協力し、到着情報を専用の機器で入力したり、あるいは小包を各配達区画の担当者の元へ運んだりする。
また、この際に代金引換などの専用の処理が必要なものを一旦別の場所に分ける。
8:00
先に分けた専用の処理が必要な小包に、それぞれに必要な処理を行う。
11:00
処理の際に出た各種書類を片付け、処理をした小包の数を専用の用紙に記入する。
11:45
各種片付けと作業場に処理し忘れた小包が無いかを確認、その際に昼から配達予定の小包を各配達区画担当者の作業場へ運ぶ。
12:30
帰宅

年収

120万円

職場の平均年齢

55歳ぐらい

魅力、やりがい

早朝割増のおかげで、時間は短いが稼ぎはそこそこ。
しかも、空いた時間を内職や勉強に使えるので非常に良いです。
仕事はチームで行うが、一人でやる仕事も多いので、職場での人間関係に悩むことは少ないことも魅力だと思います。
給料は長くやっていれば増えますが、やりがいはあまりない感じない仕事です。
確かにいい仕事をすれば正社員に昇格できますが、その分営業ノルマなどの面倒も増え、時間の自由も減りますし、それらの苦労に見合うものを得られる仕事かは微妙です。

大変なこと、苦労したこと

想像以上に体力仕事です。初日は全身筋肉痛で翌朝動けませんでした。
覚えることも多く、入ってすぐは雑用ぐらいしかやれることはありません。
また、早朝勤なうえ、多くの人が時間に追われているので職場の人全員がイライラしています。
中には理不尽ないちゃもんをつけたり、誹謗中傷をしてくる奴もいます。
当然、そういう奴の態度に切れた奴がそいつと喧嘩を始めることもあります。
自分は巻き込まれたことも、喧嘩の当事者になったこともあります。

その職業の将来性について自分が思うこと

分かりません。
私が分かっているのは、うちの会社がなり手不足に悩まされていることと、営業成績の不振に悩まされていることだけです。
つまり、よほどのことが無い限りアルバイトや契約社員でも首を斬られません。
営業に関しては近年の各種報道のおかげで、会社は社員やアルバイトに強く言えませんから、この部分で会社の印象が悪くても大丈夫です。
社会インフラの1つを担っているのでそう簡単には会社も潰れませんし、案外安定した仕事と言えなくもないです。

ここだけの話(裏話等)

一部報道で話題になった自爆営業はうちの局でも実在してました。
ただうちの局は非常に営業成績が悪い局だったので、自爆営業のイメージからくる遠まわしに社員に買わせるというよりは、上司がほとんど恫喝して買わせるような事をしていました。
勿論、今はそういった脅してやらせるようなことは無くなりましたし、そんな事をしていた上司はどこかへ配置換えになりました。
ちなみにニュースで盛んに取り上げられていたころ、その上司はミーティングの度に自分の行為は「自爆営業の強制」ではないと否定していました。

その職業を目指している方にメッセージを!

目指してやる仕事ではないです。
ただし、何かの腰掛や内職が軌道に乗るまでの間やる分には悪くないと思います。
他の局は分かりませんが、求人さえあれば大抵受かるのではないかと思いますので、体力に自信があり、時間の自由と給料を両立させたい人は一考の価値があります。(ただし、始めたばかりの頃の給料は相当安いです。)
早朝勤なら給料が割り増しになり、残業も多いので早くお金を貯められますが、早朝特有の微妙なギスギス感が嫌な人は避けた方が良いと思います。

関連お仕事(専門・企業サービス系)