【監視員】チーズさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【監視員】チーズさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

チーズ

性別

女性

年齢

22歳

都道府県

富山県

職業

監視員

雇用形態

アルバイト

仕事内容

美術館やコンサートホール、ギャラリーなど指定の施設の敷地内でのお仕事です。
その施設へ訪れた来場客の案内・誘導をしたり、施設のルールに沿わない一部の来場客に注意を促します。

一日の平均労働時間

8時間

一日の平均残業時間

0時間

休日出勤の有無

1週間に必ず1回有る

その仕事に就いたキッカケは?

美術館で作品鑑賞することが好きで、その環境づくりに貢献したいと思いました。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

美術関係の職業案内に特化した求人サイトで見つけました。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特にありませんが、約4日間の座学と現場研修が必須となります。
海外からの観光客への案内などの関係で、英語・中国語が得意だとより良いでしょう。

その仕事に就くのに苦労したこと

面接がグループ面接でしたので、他の方の発言などを耳にして、これまでの面接よりも緊張しました。

1日の主なスケジュール

年収

約30万前後

職場の平均年齢

35歳

魅力、やりがい

公共の美術館・ギャラリーでのお仕事ですので、芸術家による本物の名画が並ぶ展示室内で勤務できるのが魅力です。絵画作品や彫刻作品は、とても高価な財産なので、それをお守りするという大事な義務も発生します。
来場客は一般の方が中心で、老若男女、さまざまな世代の方が訪れます。たくさんの方から笑顔や驚きの表情を目にすることが多く、人と人とのふれあいから生まれる喜びを直に感じられる職場です。
スタッフ間ではチームワークの大切さを実感します。責任感と仲間同士の繋がりを感じられます。

大変なこと、苦労したこと

規模の大きい企画展が開催された時です。たくさんの来場客が訪れるので、列の整理や、入場規制などをしなければなりません。そのために大勢の方に向けて呼びかけを行ったり、誘導する役目は大変です。
展示室内でも、混雑している人々の集まりをなるべく動かすようにするなどの誘導作業があります。
また、人気の作品に鑑賞者が集まるので、いかなる方でも公平に鑑賞できるように、譲り合いしながら鑑賞していただくなどお願いすることもあります。なかなか難しいですが、こちらの意志が伝わった時は、ほっとします。

その職業の将来性について自分が思うこと

職業としては、美術館の所蔵品・秩序を守るという点では、将来も需要があるので、長く続いていくと思われます。
個人レベルで捉えると、このお仕事を10年以上続けられている主婦の方もいらっしゃいましたが、続けていくかどうかは人それぞれだと思いました。学生さんや若い方など、将来的にやりたいことがはっきりしている(別の職業を目指している)方は、ステップアップのための段階として在籍されている方が多い印象を受けました。

ここだけの話(裏話等)

勤務中はトランシーバーや伝言メモなどで絶えず情報の伝達がなされるので、報・連・相のありがたみを実感する。
女性スタッフが多く、チームワーク重視のお仕事なので、仕事仲間のちょっとした変化に気づいてくれるなど心遣いがありがたい。
時間帯や状況によっては座れる時もあるが、基本的に立ち仕事なので、職業病として腰痛・外反母趾になってしまうことも…。

その職業を目指している方にメッセージを!

美術館の監視員のお仕事というと、静かで落ち着きのある印象ですが、意外と体力勝負の部分も多いです。場所柄、さまざまな世代・性格の方が訪れます。展示室内の様子や混雑状況など、いかなる条件下でも臨機応変に対応するスキルも問われます。
有名な公共施設で働くやりがいと喜びを得ることができます。
コツコツと集中して業務をこなせる人なら続けられる職業だと思います。結婚後、退職されて次のお仕事を考えられている方や、お子さんのいる女性にもお勧めの職業です。

お仕事 5段階評価

給料
やりがい
労働時間
将来性
安定性
22点

【監視員】チーズさんのお仕事自己評価は
22点です。

関連お仕事(専門・企業サービス系)