【医療器具の製造】りんごさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【医療器具の製造】りんごさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

りんご

性別

女性

年齢

20歳

都道府県

島根県

職業

医療器具の製造

雇用形態

正社員

仕事内容

医療器具の製造

その仕事に就いたキッカケは?

見学しに行った時に自分もやってみたいと思ったからです。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

求人表

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

学歴

その仕事に就くのに苦労したこと

面接の練習

1日の主なスケジュール

年収

100万

職場の平均年齢

30歳

魅力、やりがい

一つ一つ丁寧に作り、常に患者さんのためにと思えるところが魅力的だと思いました。
一日作らないといけない個数が決まっていたので、素早く作らないといけないのは大変でしたが、その個数を達成した時は嬉しかったし、やりがいを感じることができました。
部署ごとに人や作るものも全く違い、大変だったのですが、多くの人と関わったことで、自分自身すごく勉強になりましたし、色んな種類の医療器具を作ることができて学べたのもやりがいがありました。

大変なこと、苦労したこと

一日作る個数が決まっていたので素早く作らないといけないし、一つ一つ丁寧にミスがないようにしないといけなかったのが大変でした。
私は、元々マイペースだったので最初の方は全く追いつくことができませんでした。
自分ではペースを上げているつもりでもなかなか個数を伸ばすことができませんでした。
一日中立ち仕事で首はずっと手元を見ての作業だったのですごく辛かったです。
学生の頃とは違って、働くと色んな年代の人がいるのでどのように接したらいいのか分からなくて大変でした。

その職業の将来性について自分が思うこと

製造業は安定した収入でいいとは思うのですが、交代勤務があるので将来結婚した時に女性だと続けることは難しくなってくると思います。
私も途中から交代勤務をしていたのですが、昼夜逆転の生活になるので体が追いつかずとても大変でした。
そのうえに育児をするとなると私なら絶対不可能だと感じました。
結婚したとしても、だんだんすれ違いの生活になると思うので、交代勤務がある製造業を将来も続けることは難しいと思いました。

ここだけの話(裏話等)

私は、部署が変わってからパワハラに合い、心も体もすごく辛かったです。
心に傷が付き、もう人を信用することができなくなりました。
相談をしてもなかなか解決されず、収入がいいとか製造業をやってみたいという理由で仕事を選んでしまったことを後悔しました。

その職業を目指している方にメッセージを!

製造業は素早く物事に取り組まないといけないし、年代が違う沢山の人と関わらないといけないので、素早く反射的に動けて、人と関わることができる人ならやっていけると思います。
交代勤務があるので、体力には自信があり、根性がある人なら続けていくことができると思います。
一つ医療器具を作るだけでも覚えることがたくさんあるので、素早く覚えることができて、頭の中できちんと整理しながら作業出来ることも重要です。
このようなことに自信があるのなら大丈夫だと思います。

関連お仕事(製造系)