【製鉄所構内輸送】メタルおじさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【製鉄所構内輸送】メタルおじさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

メタルおじさん

性別

男性

年齢

49歳

都道府県

愛知県

職業

製鉄所構内輸送

雇用形態

契約社員

仕事内容

大手製鉄所構内製鋼工場で溶銑を炉に投入する際に40tダンプでスクラップを投入する構内輸送に携わっていました。
一般道を走行しない分リスクは少ないのですが、『対車との事故』よりも違う意味での危険と隣り合わせの仕事でした。

その仕事に就いたキッカケは?

構内しか走らない。
違反や事故の心配もないというところに魅力を感じて決意。
ルート配送のように自力で積み下ろししない点も魅力のひとつでした。
仕事を辞めたばかりで早く仕事に就かなきゃという焦りもあったと思います。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

それまで勤めていたルート配送の仕事を退職した時に知人の紹介で構内輸送に関わりのある人を紹介され、先方が提示してくれた月収額が魅力的でしたので、即決する勢いで就くことを決意。
顔合わせ=面接→採用のような流れでした。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

大型自動車免許、大型特殊自動車免許

その仕事に就くのに苦労したこと

免許証取得はそれほど苦労しませんでしたが、構内輸送の元請の作業長の許可が下りないと従事できない特殊車両でしたので、構内で一月近い同乗研修があったこと、一人で乗るようになってから覚えるべき仕事や構内のルールが多くあり苦労しました。

1日の主なスケジュール

【製鉄所構内輸送】メタルおじさんの1日のスケジュール

年収

700万円

職場の平均年齢

40歳

魅力、やりがい

勤務先、走行ルートが決まっていること。
リスクはそれなりに高いが高収入が得られること。拡大解釈すれば国内最大の産業に携わっているという誇りが持てること。
夜勤中に見る製鋼工場の溶銑の火花が綺麗とか、たまに行く製品出荷岸壁から見られる海とか
構内ならではの絶景スポットや夜景スポットなどを知れば知るほど一般の人では見ることができない景色を眺めているのだと思うと感動もひとしおです。
工場夜景女子とか増えたお陰で製鉄所内の話を一生懸命聞いてくれる女子もいて合コンや飲み屋でも意外とモテるのです。

大変なこと、苦労したこと

製鉄所ゆえ1年365日仕事があり、週末休みではないこと年末年始に長期休暇がないこと家庭をないがしろにしないと勤務を続けられないことなど。
構内には石炭や鉄の粉塵が舞っているため、作業着はもちろん、髪の毛や顔が汚れるので、どれだけ疲れて帰宅しても入浴しないと寝られないこと。
作業着を洗う自宅の洗濯機の内部が汚れることなど数多くあります。
裏づけはないものの、健康被害も心配でした。
構内で迎えるクリスマス。
構内で年越し、そして迎える新年。
家族や恋人が理解してくれないと辛いばかりの仕事です。
自分は夜勤中の暇な時間に隠れて電話や携帯メールして恋人の機嫌を取っていました。

その職業の将来性について自分が思うこと

技術の進歩に伴い人的作業軽減の生産業においていつまで特殊車両によるアナログな横持ち輸送の仕事が途切れないで継続するのかの不安はあります。
自分が従事している時も生産調整期に入ったとかで無期限の休職を余儀なくさせられましたので、そのあたりの不安定さを考えると万人にお奨めできない状況であると思います。自動運転の自動車実現がそう遠い未来でもないと感じる今、いつまで『運転手』という職業の需要があるのかという不安もあります。

ここだけの話(裏話等)

表向きは接待禁止というスローガンを掲げていながら実情は賄賂贈って便宜を図ってもらうなんて日常茶飯事。
「新しいゴルフクラブセットが欲しいな~」などとあからさまに賄賂を要求してくる元請んぽ偉い人とか普通にいて驚きました。
工場入り口には『無事故日数○○日』と掲示されていますが協力会社の災害はカウントしないという実態にも驚きました。

その職業を目指している方にメッセージを!

生活向上のために少々の汚れ仕事でも収入が増えれば良いと割り切れるドライな方、一般的なドライバーの仕事の不規則さが嫌だと感じる人には理想に近い仕事かもしれません。
理不尽なことや小さな不正に目を瞑れない品行方正な方には向きません。
決して悪い職場ではないと思うのですが、製鉄所自体が国営企業のようなものですから、よくも悪くも日本の悪しき部分の腐敗した構造を垣間見ることになるかもしれません。
そこも含めて楽しめる余裕のある方でしたら是非経験するのも悪くはない職種かと思います。

関連お仕事(製造系)