【宅配ドライバー】運送屋さんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【宅配ドライバー】運送屋さんのお仕事レポート

ハンドルネーム

運送屋さん

性別

男性

年齢

38歳

都道府県

愛知県

職業

宅配ドライバー

仕事内容

届いた荷物を会社や個人宅へ配達する。
また営業も兼ねえているため、新規荷主の獲得および物販を行う。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

第一種普通自動車免許

その仕事に就くのに苦労したこと

とくに苦労はなかった。

1日の主なスケジュール

【宅配ドライバー】運送屋さんの1日のスケジュール

年収

500万~550万

職場の平均年齢

28~35歳

魅力、やりがい

自動車の運転が好きだったので、車を運転する仕事はとても良かった。
実際は少し走らせては止まって配達、少し走らせては止まって配達の繰り返しだけど、車に乗ってること自体が気持ち的に楽だった。
また車を運転する仕事のためか社内にも車好きの人が多く、業後などいつも車話をして、とても楽しく仕事ができた。
実際の仕事に関しては、お客様のもとへ荷物を配達した際、ありがとうと言ってもらえると嬉しいし、やりがいを感じます。

大変なこと、苦労したこと

荷物が書類などの軽いものもあるが、冷蔵庫やベッドなどの大きな荷物もあるため、配達がとても大変だった。
また時間帯指定があるため、スピードも求められる。お中元、お歳暮の繁忙期などはトイレに行くタイミングも難しく、トイレが近い私は大変だった。もちろん繁忙期中はお昼休憩など取る余裕はない。取るのは自由だけど、あとで自分が大変な思いをする。
それから、稼働がぎりぎりの人数の為、基本的に休めない。熱が39度あったときも出勤した。ぎっくり腰をした時も泣きながら仕事をした。

その職業の将来性について自分が思うこと

当時も現在も世間では有名な大企業である。
有名な大企業だけど、私が働いていたころは、長時間労働(サービス残業も日に3時間あまり)など今でいうブラック企業だと思う。
最近ではニュースや記事で、長時間労働や賃金未払いなどのブラック企業のことをよく見かける。先日テレビで、国による過重労働撲滅特別対策班というのもやっていた。
今現在の労働環境はどうなっているかは知らないが、いかに有名な大企業でも労働者を大切にしない企業はどうなるかわからないと思う。

ここだけの話(裏話等)

ここだけの話。。愛車の整備をよく会社(営業所)の倉庫で行っていた。
屋根があるし、電気もあるし、もちろんスペースも十分の為、車を倉庫に乗り入れて整備を行っていた。
車を持ち上げるのもジャッキでやるのは面倒くさいので、フォークリフトを使って持ち上げたりしていた。

その職業を目指している方にメッセージを!

自動車の運転が好きな人、体力に自信がある人、には良い職業だと思う。
また、私のように一人で仕事をしたい人にもいいかもしれない。朝、荷物を積み込んで営業所を出発したら、あとは基本的にずっと一人で仕事をすることになるから。頑張って速く配達・集荷をすれば、少しは休憩をとれると思う。
あとは、体調不良などで仕事を休むという感覚は持たない方がいいかもしれない。
それさえクリアすれば、労働時間、内容にみあっているかは置いといて、20代前半で貰える給料としてはいい方だと思う。

関連お仕事(運輸系)