【八百屋】tama_3さんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【八百屋】tama_3さんのお仕事レポート

ハンドルネーム

tama_3

性別

男性

年齢

33歳

都道府県

東京

職業

八百屋

仕事内容

野菜の販売

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特に必要なし

その仕事に就くのに苦労したこと

これといってなし

1日の主なスケジュール

【八百屋】tama_3さんの1日のスケジュール

年収

200万

職場の平均年齢

40歳

魅力、やりがい

野菜の良し悪しがだんだんとわかってくると楽しい
旬を肌で感じられ一年を通して楽しめる
お客さんとのコミュニケーションも楽しいし頼られるのもなんだか嬉しい
野菜や果物についての知識が尋常じゃなく身に付きます興味がなくても自然と。
野菜の調理法から保存方法おいしいタイミングのアドバイスまで身につけられます
食べることには困りません
お客さんの生活の下支えとも言えるこの仕事はなかなかやりがいのある仕事ではないでしょうか

大変なこと、苦労したこと

野菜や果物はデリケートとな物も割りと多いんで気を使います
品目によってはとても重い荷物を上げ下げ移動させて品だしなかなか体力のいる仕事です
あたりまえですが冬は寒いし夏は暑いです。ガンガン空調を使う訳にもいかないので
あと傷んだ野菜や果物の処理はきついものがあります
腐るととても臭い野菜が結構あるのでそれを何十ケースも選別して洗浄はなかなかの地獄です
人によっては腰痛、手荒れなどおこすこともあります
どんな仕事でもそうですがクレーマー何より最悪です。

その職業の将来性について自分が思うこと

正直いってこのままだとほとんど廃れていってしまう業界じゃあないでしょうか?
安さ品揃え便利さなどスーパーにはかてませんから。
そんな中でもなんとか青息吐息でやってるところが多いです
私は新しく何かを始めないといけない:00期に来てるのかなと思います、もうおそいかもしれませんが。
結構厳しいものの見方かもしれませんが八百屋にとっては逆風ばかりが目に付いて仕方ありません
ただアイディア次第でなんとか突破口を見いだせない訳ではないと思います。
肝心なのは人との繋がり方にある気がします

ここだけの話(裏話等)

輸入物の野菜や果物は食べない方が懸命かと思います
とくに小さなお子さまがいる家庭は特に。
店に届くまでに産地から船で少なくとも2週間はたってるのに青々としたブロッコリーなんて怖いとおもいませんか?
気にしないなら別に構いませんが

その職業を目指している方にメッセージを!

正直いろんな意味できつい仕事です
おすすめでできません
ただいろんな嫌なことをクリアして自分で店を持てるとしたら最高の仕事になるかもしれません
厳しい状況ではありますが付け入るすきがないわけではないと思います、自分の信念を貫き通せればきっとうまくいくはずです
あと商売そっちのけで人のために動くぐらいでないとダメかもしれません、そして信頼関係のようなものをお客さんと築けていければきっといい結果になる気がします

関連お仕事(接客・販売系)