【工場内作業】ミルクパンさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【工場内作業】ミルクパンさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

ミルクパン

性別

男性

年齢

37歳

都道府県

京都

職業

工場内作業

雇用形態

派遣社員

仕事内容

お菓子工場のライン作業。お菓子の製造、加工、包装など

一日の平均労働時間

8時間

一日の平均残業時間

1時間

休日出勤の有無

1週間に必ず1回有る

その仕事に就いたキッカケは?

自宅から近く、時給もよかったので。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

求人サイトで。サイト名(タウンワーク)

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

その仕事に就くために必要な資格などは特にありません。一般的に身分が証明でき、身体、精神ともに健康であれば大丈夫です。

その仕事に就くのに苦労したこと

特にありません。

1日の主なスケジュール

年収

短期派遣バイトのためわかりません

職場の平均年齢

40前後

魅力、やりがい

もっぱら製造ラインでの作業になりますが、その仕事を楽しいと思えるようになるには時間がかかります。同じ作業の繰り返しですが、その仕事をどれだけ早い時間で慣れるか、どれだけ早く作業を効率よく行えるようになるか、職場の先輩とよいコンタクトをとれるか、ということを毎日の目標にすると、たかが同じ作業の繰り返しと思えてもやりがいに感じることができます。お菓子製造の一工程を自分の手で行えているという実感と、これが全国へ発送されていくということを考えると、お菓子製造ラインの作業もやりがいが出てきます。

大変なこと、苦労したこと

一日中ずっと立ち作業(製造ラインによってはずっと座り作業)が大変でした。製造ラインが止まらない限り、休憩時間以外に水を飲む時間すらないのも大変でした。各製造ラインには決まった人数が割り当てられるので、場所によっては一人でずっとその場所を任されることになります。自分の失敗のせいでそのライン全部が停止してしまうのは申し訳ないし、プレッシャーにもなるので慣れるまでは苦労しました。人間関係は自分の担当の社員さんと、ベテランのバイトの人とうまくやれるようになるまでは苦労する人もいるかもしれません。

その職業の将来性について自分が思うこと

お菓子の製造ラインという工場内での仕事は、この先もずっとなくならないと思います。製造ラインもできるだけ人件費をかけないよう全自動になりつつありますが、それでもやはり人間の手で行うところも必要で、この職業は機械と共存できるかがカギとなると思います。食品製造関係の職業では、異物混入という問題とはいつも隣り合わせですが、これは作業する人間の側の意識の向上も必要です。それでも完全にこの問題を撲滅することは難しいかもしれません。機械の作業能力の向上と、人間の意識の向上があればこの職業はずっと存続し続けると思います。これからもっと便利な職場になっていくかもしれませんが、それでも人が手を加えるべき部分も多くあるので、これからの製造ライン作業のあり方を考え、進歩していく必要があるとも思いました。

ここだけの話(裏話等)

お菓子の製造ラインなので、形が悪い、焼き色が薄い、質量の違い等で廃棄するものも毎日たくさん出ます。でも、それを持って帰ったり、その場で食べたりはできません。私の工場ではお昼休みに売り物にならないものを自由に食べていいというサービスもありませんでした。そこは期待しない方がいいです。

その職業を目指している方にメッセージを!

この仕事ははっきり言って、慣れるまで大変です。一日作業しただけで翌日から行きたくないと思うくらい大変でした。しかも毎日毎時間毎分同じ作業を7,8時間ひっきりなしに繰り返すということは、きついです。でも、この作業で出来上がったお菓子が地元の高級和菓子屋さんや、全国の名店で売られるということを思い出すと、一つ一つの流れ作業でも誇りをもって丁寧に作業することができますし、きっと楽しくなります。なまけたくない、真面目に仕事したい、という人にとっては良い職業です。

お仕事 5段階評価

給料
やりがい
労働時間
将来性
安定性
20点

【工場内作業】ミルクパンさんのお仕事自己評価は
20点です。

関連お仕事(食品・調理系)