【回路設計エンジニア】サトルさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【回路設計エンジニア】サトルさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

サトル

性別

男性

年齢

45歳

都道府県

神奈川

職業

回路設計エンジニア

雇用形態

正社員

仕事内容

電子機器の回路を設計したりプリント基板の設計をやっています。

一日の平均労働時間

8時間

一日の平均残業時間

3時間

休日出勤の有無

1ヶ月に1、2回有る

その仕事に就いたキッカケは?

大学で電気電子工学を学んだので。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

普通に就職活動をして見つけました。テレビのコマーシャルにも出て来ます。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

大学で専門の技術を学んでいること。

その仕事に就くのに苦労したこと

技術の進歩が早いのでそれに対処することです。

1日の主なスケジュール

年収

750万

職場の平均年齢

40歳くらい

魅力、やりがい

元々電気や電子関連が好きで、自分の設計したもの作ったものが世の中に出て行くことは単純にうれしいです。
ある意味、趣味と実益を兼ねているという感じです。
世の中に少しでも自分の技術が貢献できているということはとても誇らしい気分にもなりますし、家族や知人にも自慢できることです。
常に最先端の技術に触れることができ、知的好奇心が大いに刺激され仕事に対して飽きるということがないのでいつまでも続けられる仕事だと思っています。

大変なこと、苦労したこと

とにかく私の携わっている業界は技術の進歩が早くてついていくのが精いっぱいで、仕事の時間以外にも色々と勉強しなければならない事が多く、常に時間に追われている感じです。
また、自分の専門の仕事だけをやっていればいいというものではなく、社内の人は勿論のことお客さんや業者との折衝などにも色々と気を使ってやっていかなければなりません。
また、基本的に失敗が許されない仕事なので毎日とても神経を使うのでとても疲れます。

その職業の将来性について自分が思うこと

今の世の中、どんどんとコンピューター化、自動化が進んでいますが私がやっている仕事もそのうち機械にとって代わられてしまうのかもしれないと時々思うことがあります。
しかし、人にしか出来ない分野もまだまだたくさんありますから、視野を広げて仕事に取り組んで行かなければならないかなと思っています。
以前と違って、回路設計もコンピューター上で行うことがほとんどなのですが今後もこの流れは加速していくものだと思っています。

ここだけの話(裏話等)

このような仕事をしていても英語力というものはとても大事です。
しかしながら私は英語が大の苦手で、英語で書かれた資料はほとんど同僚や部下に訳してもらっていました。
ダメだとはわかっているのですが、こればかりはどうにもなりませんでした。

その職業を目指している方にメッセージを!

インターネットやバーチャルリアリティ、ゲームなど技術はどんどんと進んでおり、ソフトウェアの部分が重視されている気がしますが、それを支えているのはハードウェアの技術だと思います。
どちらかというと地味な印象を持たれるかもしれませんが、とても面白い分野の仕事だと思います。
特に探究心が強く物事をとことん考え抜く力がある人にはとても魅力的な仕事になるのではないでしょうか。
技術者も不足していますので是非この分野を目指してください。

お仕事 5段階評価

給料
やりがい
労働時間
将来性
安定性
21点

【回路設計エンジニア】サトルさんのお仕事自己評価は
21点です。

お仕事名に【エンジニア】を含む仕事
関連お仕事(専門・企業サービス系)