【進学塾受付】はるさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【進学塾受付】はるさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

はる

性別

女性

年齢

35歳

都道府県

神奈川県

職業

進学塾受付

雇用形態

正社員

仕事内容

基本は、通塾生徒や保護者への電話応対や来塾応対です。入塾を検討されている方が訪ねてきたり、電話で問い合わせされることもあるので、そのときは年間のスケジュールやコース割りの仕組みなどを説明します。授業を欠席した生徒には翌日付で使用教材やプリントを発送します。
生徒向けの各種案内の掲示物や、季節講習のパンフレット、各種申込書はすべて自分たちで作成しているのでそれらの原稿作成・校正・印刷・折込などを行います。
また、チョークやコピー用紙、筆記具などすべての備品管理も行います。

その仕事に就いたキッカケは?

がんばる子どもの手助けができる仕事に就きたく、業界では中規模な塾だったので、子どもとの距離感もちょうど良いのではないかと思い就職しました。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

リクルートの新卒用のサイトから。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特に資格は必要ありません。
強いて言えば、パソコンのスキルがあると入社後、苦労しないと思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

面接では笑顔のやわらかさを見られていたように感じます。

1日の主なスケジュール

午前10時
前日の欠席者への教材発送準備
午後 1時
遅番出勤
午後 3時
生徒対応
午後 5時
授業開始
午後 6時
早番業務終了
午後10時
遅番業務終了

年収

約320万円

職場の平均年齢

約30歳

魅力、やりがい

多くの人々と接することができるのが、とても魅力的です。
電話での問い合わせが多いので、声色に気を付けて応対をしますが、わかりやすい説明をありがとうなどど言われると、次はもっと上手に説明できるようにしようと心が新たになります。
また、受付は講師とは違い、あまり生徒から認識されていないように思うことが常なのですが、受験の結果が出たときに報告に来てくれたり、卒業後にアルバイトとして塾に戻ってきてくれると、やってて良かったと思います。
受験終了までだいたい3年程度は通うことになりますので、大切な努力の時間を一緒に経験できるというのは、こちらにも希望ややる気を引き起こしてもらえます。

大変なこと、苦労したこと

問い合わせにはクレームもありますので、その対応は本当に大変です。
ときには理不尽な怒りをうけることもありますし、怒りのあまりこちらの話をまったく聞いてもらえないときもあります。
かといって、相手の間違った認識に簡単に謝るわけにはいきませんので、事実の把握にも時間と労力を使います。
また、学校行事との兼ね合いでテストが受けられない、講習を1日だけ他の日にしたいなど、一人一人の状況にも極力対応するような塾ですので、細かいやりとりに行き違いがでないように受付メンバーで情報を共有することも大変です。

その職業の将来性について自分が思うこと

業種全体としては、少子化の時代にはなかなか生き残りが難しいと思います。
個人の仕事としては、業務内容だけみると長く続けられそうな職種ですが、実際には繁忙期には、連日、朝早くから終電まで働くこともありますし、お昼休みが夕方までずれ込むこともよくあります。
一日、きちんと座る暇もないくらいバタバタと動きまわることもしょっちゅうですし、シフト制で休みも流動的なので、若くて体力がしっかりしていないと続けられないと思います。

ここだけの話(裏話等)

電話は3コール以内にとるという暗黙の了解がありますが、表示される電話番号に見覚えがあり、しかも嫌な記憶だったときには、さりげなく忙しいふりをして席を立ったりしていました。
みんなそれぞれに、そのような電話番号を覚えていたようです。

その職業を目指している方にメッセージを!

働いている人々はみんな子どもが好きな人が多いので、繁忙期のバタバタは学園祭のようなノリで繁忙期を乗り切れることが多いと思います。
人と接することが基本の職種なので大変なことも多いですが、受験という人生の岐路を、微々たる力であっても一緒に乗り越えられるという満足感はとても大きい仕事です。
塾に通っていた方も、そうでない方も、多くの人と出会いたいと思っている方は、その気持ちを大切にしていれば頑張っていけると思います。

お仕事名に【塾】を含む仕事
関連お仕事(専門・企業サービス系)