【個別指導塾の教室長】koyomiさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【個別指導塾の教室長】koyomiさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

koyomi

性別

女性

年齢

24歳

都道府県

山口県

職業

個別指導塾の教室長

仕事内容

主な仕事内容は、生徒1人1人のカリキュラムを考え、それを講師に伝え、授業をすすめていくことです。
カリキュラムの進捗状況チェック、授業時の巡回、生徒対応、教室の掃除、講師アルバイトの呼び込みなど仕事内容は様々あります。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特に必要な資格はないです。
教員免許・MOSなどはもっていると便利かなというぐらいです。
学歴は大学卒業程度です。

その仕事に就くのに苦労したこと

仕事に就くのに苦労したことは特にないですが、強いて言うなら内定者研修が体力的にしんどいぐらいです。

1日の主なスケジュール

【個別指導塾の教室長】koyomiさんの1日のスケジュール

年収

200万

職場の平均年齢

28歳程度

魅力、やりがい

若い社員が多いので、1年目から1つの教室を任せてもらえるのでやりがいは大きい。また、分からないことも近くの教室の先輩に聞くのですが、年齢が近いので環境としてはききやすいと思います。なんといっても、生徒の将来にかかわる仕事なので、成績が上がった!や授業でこれがわかった!はもちろん、合格した!という報告を聞けるのはやりがいがあるしうれしくなります。
またとにかく生徒・保護者・講師の先生といろいろな方と関わることができるので、たくさんの人と話ができるのは魅力だと思います。

大変なこと、苦労したこと

なれないうちは、1人で全てやることに追われて、残業もしくは早出するしかなくて体力的にしんどかったです。
また、季節講習前の面談等は準備が必要ですが、生徒のことをあまり知らないうちは正直提案もしにくいので苦労して時間をものすごくかけて行っていました。
後は、結構人によっては転勤があるので、場所がかわるたびに新しい地域の受験情報や高校のことなどを知らないといけないので、勉強しないといけないことが多かったなという印象です。

その職業の将来性について自分が思うこと

どもの数が減っているので、教育業界自体先行きは不安があるかなと思います。
それに対応するために、それぞれの塾で対策をとっていっていますが、それがうまくいくかどうかで塾として生き残れるかどうかがかわってくると思います。
日本国内だけなら、塾は飽和している状態だと思うので、いかに選ばれる塾になるかが肝心だと思います。
また、そういった意味で海外に進出しているところも多いですが、環境が全く異なるので軌道にのるまで大変だと思います。

ここだけの話(裏話等)

正直女性社員が結婚とかしたら続けられる仕事ではないと思います。
夜遅いのは当たり前なところがありますし、細かい所でやらないといけないことが多いので自分の時間を割いている社員がほとんどです…。
また、勤務時間をシステムで管理している所は、残業代がつかないようにうまくできているので…働きにみあった給料ではないと思います。

その職業を目指している方にメッセージを!

教育業界は正直体力勝負な所が多いです!もちろん子どもがすきだとか、この人のために!という気持ちはかかせないですが、それだけでは補えないくらいやることはたくさんあります。
ただ、関わる人が多い分やりがいもたくさんあります。
毎回の授業での生徒の笑顔や、親御さんの「ありがとうございます」の言葉を大切にできれば、楽しく自分の思い描く教室を作ることができると思います。
今目指している時の気持ちを大切にしながらがんばってください!

お仕事名に【塾】を含む仕事
関連お仕事(専門・企業サービス系)