【調理師】やまださんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【調理師】やまださんのお仕事レポート

ハンドルネーム

やまだ

性別

男性

年齢

22歳

都道府県

神奈川県

職業

調理師

仕事内容

調理師です。
毎日仕込みと調理、洗い物をしています。
他にも栄養バランスを考えた献立を作ったりしています。
自分は老人ホーム勤めなので殺菌に気を遣ったりと色々調理以外が大変です。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

学歴は中卒でも大丈夫ですが調理師免許が必要不可欠です。
あれば栄養士の資格も欲しいです。

その仕事に就くのに苦労したこと

資格は専門学校で二年ほど掛かります。
働きながらも取得可能ですが忙しいので時間はとれないかと思います。
苦労は特にないです。
働き口はかなり多いです。

1日の主なスケジュール

【調理師】やまださんの1日のスケジュール

年収

380万円

職場の平均年齢

40歳

魅力、やりがい

やりがいは食べてくれる方の笑顔を見れたときに一番感じます。
面倒な仕込みを丁寧にして、冷たい水でお皿を洗ってと、結構大変な想いで料理を作っているので入居者の方が嬉しそうに食事をしているのを見ているとこちらまで嬉しくなります。
外食が難しい方々ばかりなので少しでも手の込んだ美味しい物をとの思いで調理しています。
補助の方々も綺麗な盛り付けをしてくれて、栄養士は安くて栄養があって美味しいレシピを考えてくれて、皆で効力して一つの調理を作りあげる事に勘当もします。

大変なこと、苦労したこと

大変なことはノロウイルスなどの病気が発症してしまった時です。
院内感染なのか、外部から持ち込まれたのか判断出来ない以上調理がストップしてしまうのでその間は何も出来ない歯がゆさがあります。
ひたすら厨房内を掃除したり、殺菌処理をしたりと忙しく立ち回らなくてはいけないので大変です。
また、入居者の方や親族への状況説明など不慣れな表仕事をしなくてはいけないのが大変です。
もし厨房内からウイルスが検出されたらと思うと胃が痛くなる事もあります。

その職業の将来性について自分が思うこと

将来時にロボットが参入してくる、もしくは既にされている業界ですが決して廃れることの無い職業後おもいます。
真心がどれ程味に変化をもたらすのかは分かりませんが、懇切丁寧に作りあげた料理と無機質なものとには大きな違いがあると信じています。
レシピを考えたり、食材の大きさにより盛りつけをかえたりと融通を利かせる必要のある仕事なので割と安泰だと思って居ます。
ただし、この先栄養素をサプリなどの様に手軽に摂取できる時代になったらもしかしたら、調理が必要無くなるかもしれないなと思います。

ここだけの話(裏話等)

ここだけの話、残った食材や料理は持ち帰ったり使用したり、食べたり出来るので食費が掛からないです。
また人の入れ替わりが激しい業界なので誰でも早く出世できます。
若くて体力と根気のある方や勉強が苦手な方には是非オススメです。

その職業を目指している方にメッセージを!

将来性はもしかしたら無いかもしれないですし、俗に言うブラックな職場が多いです。
競合が多くお店も平気で潰れたりするので、その点を踏まえて就職した方が良いです。
とはいえ、技術さえあれば引く手あまたなのできちんと真摯に取り組んでいただければ何処でも活躍できる業界だと思います。
独立もそれ程難しい業界では無いので将来的には一人で仕事をしたい方にも良いかと思います。
縦社会が強いのでその辺は覚悟をしていた方が良いと思います。
古風な人が多くて疲れます。
けれどもやりがいはある仕事です。

関連お仕事(食品・調理系)