【洋服の販売職】こけしさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【洋服の販売職】こけしさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

こけし

性別

女性

年齢

50歳

都道府県

愛知県

職業

洋服の販売職

仕事内容

主に洋服、雑貨等の接客業です。お客様に洋服のアドバイスをしたり、コーディネイトをしたりして、会話を楽しみながら商品を薦めます。
後は商品整理、在庫の管理、レジ操作など売り上げの管理などです。笑顔も大きな仕事の一つですね。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特に学歴も資格も重要ではないです。
人によっては、服飾専門学校出身や販売促進の資格などを保有している方もいますが、基本的に笑顔で人と接する事が出来れば大丈夫だと思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

資格は無いですが、接客業のため、「いらっしゃいませ」の第一声が始めは恥ずかしくて中々言いにくかったです。
知らない人といきなり会話をするのは思ったより、抵抗があって、会話が難しく苦労しました。

1日の主なスケジュール

【洋服の販売職】こけしさんの1日のスケジュール

年収

約220万

職場の平均年齢

30代くらい

魅力、やりがい

洋服が好きで、ファッション雑誌を眺めてはため息をついていました。
憧れていた洋服の販売職に就いたときは、嬉しくて毎日商品を眺めてはどんなコーディネイトがいいかを考えていました。
オシャレに気を遣い、毎日自分を着飾って歩いている姿に酔っていた所はありましたが、何より大好きな洋服に囲まれていて楽しかったです。接客も商品が売れたときは嬉しいし、売り上げが増えた時などは気分的にもテンションが上がり、接客にも力が入ります。
頑張った分だけ結果がハッキリ売り上げとして出るのでやりがいがあると思います。

大変なこと、苦労したこと

接客業にとって大事な事は、まず人に慣れること。
どんな方にも対応できるように話が出来ること。
これが中々難しい。
社交的な性格ならともかく、まず初対面の人と接するのは緊張や不安も一杯あります。
「何を話そう」と言葉ばかりがつまってうまく話せないものです。
でも洋服を通してなので、その商品に興味を持ってくれた事に共感して話していると、何となく会話も広がってきます。
毎日違うお客様が来るので、相手によっては言葉使いも慎重に選ばなくてはなりません。
言ってみれば同じ日々はなく、とても刺激に満ちています。
それを乗り越えれば苦労も楽しいになってきますね。

その職業の将来性について自分が思うこと

洋服が好きだったけど、どちらかというとすごく人見知りな性格でした。
それを直したいのもありましたが、毎日人と接する事によって、人に対する観察力と洞察力が身についたと思います。
十人十色とはよく言った物で本当に色々な方がいます。
ただ接客業に慣れたおかげで、サービス業に関して何処でもやっていける自信はつきました。
それと正直楽な仕事ではありません。
一日中立ち仕事で身体にも負担が掛かるし、人間関係のストレスも多いです。故に人の出入りが激しく、万年人手不足の業種です。
でも経験が物を言うので接客が出来る限り年齢制限がなく、ずっと続けられる所がいいと思います。

ここだけの話(裏話等)

比較的朝がゆっくりの職種なので前日に夜遊びして、朝は何食わぬ顔をして売り場に立っているけど、頭はボーとしている事があります。
でも見た目では解らないから、仕事をしている振りして、遊んでいる事も多いです。
頭の中では違うことを考えていたりして、仕事との境界線が曖昧な部分もあります。
簡単に言えば売り上げがあれば良いのですから、自由な部分もあります。

その職業を目指している方にメッセージを!

オシャレが大好きで洋服好きなら、誰でもその仕事に就けると思います。
好きだからこそ続けられる仕事だと思います。
毎日変化があり刺激もあるし、売り上げによって達成感もあるのでやりがいがあると思うのです。
この仕事で本当に人に対する観察力や自分の向き合い方など人間的に考える事が多く、自分の成長にも繋がりました。
視野も広くなったし、人に対して優しくなれたと思います。
自分の心の成長にもなるので、好きだからこそ続けられる気持ちを忘れずに目指して欲しいですね。

関連お仕事(ファッション・美容系)