【保育士】ちぬこさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【保育士】ちぬこさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

ちぬこ

性別

女性

年齢

33歳

都道府県

大阪府

職業

保育士

仕事内容

共働きや病気、その他事情で子どもを見ることが出来ないなどの理由で保育園に預けられている子ども達のお世話をする仕事です。
0歳から6歳までのお子さんをお預かりして、しつけや教育など様々な分野で介入し援助し育んでいきます。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

保育士資格は必須です。
保育士がない場合でも働けますが、パート労働であったりと補助になります。

その仕事に就くのに苦労したこと

大学卒業と同時に取得できる学科でしたが、机上での勉強だけでなく実際に子ども達と触れ合っていくことが重要だったので両方勉強していくことが大変でした。

1日の主なスケジュール

【保育士】ちぬこさんの1日のスケジュール

年収

300万円

職場の平均年齢

27歳

魅力、やりがい

一番は子供たちがかわいいことです。
純粋で素直なかわいさに毎日癒されます。
特に0歳児であれば、ハイハイ→立つ→歩くようになるなどの成長をそばで感じていけるし、話が出来るようになったなどの一つ一つに喜びを感じられます。
年長児になってきても、行事などを通して保育士と一体感をもって作り上げたり、運動遊びなども出来ることも増え、ともに身体を動かして遊ぶことも楽しめます。
それをすべて保護者と共有できることも魅力の一つです。

大変なこと、苦労したこと

一番は保護者の方とのやりとりです。
それぞれ子育てに対する方針や思いが違うので保育園に対して色々と意見される方も多かったですし、その対応に苦しむことが多かったです。
自分の何気ない一言で苦しめてしまうこともあるし、自分のクラス運営に対しての意見も聞いて対応していくのが大変でした。
また、サービス残業も多いですし、計画書などの書類作成や壁面製作などの作り物も出てくるので残業だけではなく、家に持ち帰って仕事をすることも多く家庭との両立に苦しみました。

その職業の将来性について自分が思うこと

待機児童が増えているのに保育士の過酷な労働が原因で保育士不足となっているところが不安です。
待遇が悪く保育士一人一人に課せられる負担がとても大きいので中堅職員が育たず、それを見た新人職員も辞めていく現状はあります。
政府が子どもの人数に対しての保育士の数の比率をもう少し考え直してくれれば、保育園に常勤できる保育士も増えるし、負担も減っていくと思います。
保育士に対しての憧れを持って就職する学生さんも多いのに、退職に追い込まれてしまう現状をどうにかしてほしいです。

ここだけの話(裏話等)

職員同士で、保護者の噂話はよくしていました。
どこに勤めている、とか同じ職場に勤めているから職場恋愛だ、とか年の差カップルだとか色々と話して盛り上がることは多かったです。
特に保育士の保護者に関しては、保育士なのに自分の子どものことを全然見ていない・・・などと悪くいうこともありました。

その職業を目指している方にメッセージを!

保育士の労働環境は年々厳しくなっていると思います。
でも保育園では、かわいい子ども達が待っています。
毎日一緒に生活を共にすることで信頼関係も生まれますし愛着もわきます。
年長児で自分のクラスをもった時は自分のやりたいようにクラス運営できるし、それに子ども達がついてきてくれるので毎日とても楽しいです。
保護者対応も最初は難しくても、慣れてくると段々うまくかわせるようにもなってくるし、行動パターンも見えてくるので対処しやすくなります。
これからの未来を作っていく子ども達へ愛情をたくさんかけてあげましょう!!

お仕事名に【保育士】を含む仕事
関連お仕事(教育・保育・研究系)