【コールセンター】こぱさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【コールセンター】こぱさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

こぱ

性別

男性

年齢

29歳

都道府県

東京都

職業

コールセンター

仕事内容

通販のコールンセターで働いてました。
言葉遣いやク感情的になったクレーマーと日々接することによって感情をうまくコントロールできるようになりました。
コールセンターの仕事の良いところはある程度シフトに自由が利くのが良いところです。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

コミュニケーション能力と最低限の言葉遣い。

その仕事に就くのに苦労したこと

古株の人との人間関係

1日の主なスケジュール

ずっと電話をしています

年収

400万

職場の平均年齢

35歳

魅力、やりがい

お客様とは勿論上司や部下とのコミュニケーション必要になるためコミュニケーション能力が鍛えられます。
スーパーバイザーになれば基本的にクレーム対応化従業員の管理と指導が主な仕事になりリーダーシップが身につきます。
電話対応はすべての企業に必要なものなりますので転職の際に経験があると有利でもあると思います。
社風にもよりますが服装がある程度自由なところも多いです。
社内恋愛が多いのが最大の魅力でもあるかもしれません。

大変なこと、苦労したこと

人と人との摩擦が苦手な人はフラストレーションがかなり貯まると思います。
クレームの大半は一方的なものなので納得いかなくても話を聞かないといけません。
それを仕事だと割り切ってできるかどうかでストレスの貯まり方がまったく違うと思います。
ですから正義感が強い人は向いてないのかなと思います。
話を聞くことだけがうまい人であればいいですが自分の意見を他人に伝えたがる人はこの仕事をすることにはむいてないと思います。

その職業の将来性について自分が思うこと

企業にとってコールセンターはなくてはならないものなのでますます需要が増えてくると思います。
しかし海外のほうがコストが安いため業種によっては海外にコールセンター拠点をおくことが多くなっていると聞きます。
また海外ではコールセンターにチャットの部隊を置いて通販サイトなどのやりとりなどに使ってるそうです。
日本の賃金が上がれば上がるほど恐らく人件費が安い海外にコールセンター置くことが多くなるのではないのかなと思われます。

ここだけの話(裏話等)

とにかく社内恋愛が多くものすごい年の差カップルもいます。
特に役職が上がれば上がるほど若い子にもてます。
入れ替わりが激しいため出会いが多いというのもありますがなんとなくそういうのにだらしがない人が多いような気がします。

その職業を目指している方にメッセージを!

どんなに理不尽ことがあろうとも負けない不屈な精神を持ちましょう!ただ万が一理不尽に負けそうなことがあったらコールセンターには仲間がいるはず。
どんな困難もその仲間と愚痴をこぼしながらお酒でも飲めばきっと乗り越えられるはず。
モラルがないこの社会モラルとはなんなのか。
きっとこの社会、日本人の民度の低さをたっぷり味わうことになりますがそれだけにコールセンターというのは社会になくてはならない社会的な意義がある仕事だと思いますのでがんばってください。

お仕事名に【コールセンター】を含む仕事
関連お仕事(事務・オフィス系)