【医薬品卸会社の営業事務】まいこさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【医薬品卸会社の営業事務】まいこさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

まいこ

性別

女性

年齢

35歳

都道府県

静岡県

職業

医薬品卸会社の営業事務

雇用形態

正社員

仕事内容

電話対応、朝の注文をとること、午前中には伝票整理と返品処理。
午後は納品書の整理。その他在庫管理等。
月末は請求書を作成し、伝票と合わないところのチェックがとても大変でした。

その仕事に就いたキッカケは?

商業高校だったので会社からの求人票が学校に届きました。
その中から将来性のある会社ということで医薬品業界を選びました。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

学校に届く求人票から

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

簿記、会計、秘書検定などをもっていました。パソコンもできるといいと思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

商業高校だったので授業で簿記、会計、パソコン等の勉強ができ、資格もすぐに取れました。

1日の主なスケジュール

【医薬品卸会社の営業事務】まいこさんの1日のスケジュール

年収

300万

職場の平均年齢

40歳くらい

魅力、やりがい

医薬品ということで人々の健康や命に関わっているということを意識できます。
病院や薬局からの注文でいま必要としている薬をすぐに届けて感謝されるとやっていてよかったと思えると思います。
医療の最新の情報もいろいろとわかり、病気のこともくわしくなったり新薬などの情報も入るので勉強になります。
事務としては請求書をつくるときに病院の規模や傾向がなんとなくわかるのでいままで知らなかった事情などもわかり自分がいいと思う医療機関に自分がかかれると思いました。

大変なこと、苦労したこと

とにかく電話が多く自分の仕事があまりできず残業が多かったです。
営業の男性がほとんどなので昼間は社内には事務の女性社員と課長より上の立場の人しかいないのですが、取引先からの電話が多く営業の人に連絡をとりつぐことが大変でした。
薬の名前を覚えることも大変で似た名前のものも多いのですが、薬ということで間違えてはならないという緊張感が常に付きまとっていました。
月末や月初めは請求書の作成が一気にたくさんしなければならず担当があるけれど少ない人数でまわすので大変でした。

その職業の将来性について自分が思うこと

医療ということでこれからの高齢化社会ではなくてはならないものです。
薬は毎年いろいろと新しいものが開発され、価格も単価がけして安いものではない、けれど必要としている人がたくさんいるのでいい薬であれば高くても売れます。
そういう点ではこれからの将来性や安定性はあるのかなと思います。
薬だけでなく医療機器も扱っているので医療機器に関しては一台何億もする商品が多いので営業の方たちが契約を取るとすごく嬉しそうでした。

ここだけの話(裏話等)

男性が多く女性社員はお茶くみや雑談、掃除、雑用などとにかくこき使われていた印象があります。
また営業の人たちは普段プライドの高い医者や薬剤師の機嫌をとらなければならずストレスが多いようで、会社でもイライラしている人も多かったです。

その職業を目指している方にメッセージを!

将来性のある業界だと思うので就いてやりがいを感じられたらずっとがんばれると思います。
仕事の中で新しく勉強したりしなれければならないと思いますが毎月あたらしい新薬が出て変化に対応できると楽しいかもしれません。
事務に関しては数字との戦いですが、額がとにかく大きくこんな金額と関わっているということがけっこう励みになりました。
薬剤師の免許を持った人もいて医者からの質問も多いので対応していましたが感謝されていて資格があれば強みになると思います。

お仕事名に【営業事務】を含む仕事
関連お仕事(事務・オフィス系)