【事務員】コーワンさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【事務員】コーワンさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

コーワン

性別

女性

年齢

50歳

都道府県

三重県

職業

事務員

仕事内容

工事現場の、現場事務所の事務員です。
事務全般と、来客応対、電話応対、備品の手配、書類の回収、管理などをしました。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

その職場ではワード、エクセルにパワーポイントが必須。できればCAD。

その仕事に就くのに苦労したこと

パワーポイントのMOSをとるのに2週間ほど勉強しました。

1日の主なスケジュール

【事務員】コーワンさんの1日のスケジュール

年収

250万

職場の平均年齢

当時で35歳くらい

魅力、やりがい

事務一切が任されていたので、頼りにされているという実感がありました。
じっさい自分がいないと回らないので、やりがいがありました。
工事現場だったので、日々建物が完成していく様子がはっきりわかり、作業もどんどん変わっていくので毎日が新鮮です。
まったく知らない業界に行ったので、覚えることもたくさんあり、なにを見ても珍しくて面白かったです。
書類や伝票がとてもきっちりしている会社で、ルールがはっきりしていたので仕事がスムーズでストレスは少なかったです。

大変なこと、苦労したこと

基本的に日中は一人です。
電話がよくかかってきましたが、たいていは誰もいないので分からないことを聞かれても答えられず、心苦しい思いをすることがありました。
公共機関の建物の工事だったので、とにかく膨大な量の書類を作らねばなりませんでした。
それもきっちり規格が決まっており、綴じるファイルの種類まで指定があります。それがあまり前もって分からなかったので、余分な作業が発生する事もありました。
月末には書類の提出も受取も集中します。その意味で年末などは大変でした。

その職業の将来性について自分が思うこと

あまり注目されていない業種のようで、応募する人が少ないと聞いています。
しかし工事があるかぎり必要な仕事なので、将来も無くなることはないでしょう。
現場でなくても工事関係の会社では事務のプロは重宝されます。意外なほどワード、エクセルが苦手な人が多く、その二つを使えるととても感謝されます。
小さな会社から大企業まで、かならず必要な仕事なので、将来性はあります。
一人でいろんなことに対応しなくてはならないので、機械にとってかわられることはないでしょう。

ここだけの話(裏話等)

ワード、エクセルが苦手な人ばかりの職場だったので、出来るというだけでとてもありがたがられました。
簡単な作業だけでも十分時間をもらえたので助かりました。
建設業は時間にしても書類にしてもとてもきっちりしています。
長時間労働になることもあるのですが、書類がおろそかになることはありませんでした。

その職業を目指している方にメッセージを!

現場事務所に事務が自分ひとりとなると、不安かもしれません。
しかし、かならず本社などでフォローしてくれる人がいます。慣れればとてもやりがいのある、楽しい職種です。
書類に関しては、公的機関に提出する必要もあり、とても厳密に扱います。
ルーズなことが嫌いな人なら、かえって向いています。
たいていは和気あいあいとした会社が多いです。
上下関係や挨拶もきちっとしており、居心地は良いでしょう。
ぜひ、現場を支える裏方として働いてください。

お仕事名に【事務】を含む仕事
関連お仕事(事務・オフィス系)