【牛丼店員】片桐さんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【牛丼店員】片桐さんのお仕事レポート

ハンドルネーム

片桐

性別

女性

年齢

21歳

都道府県

東京都

職業

牛丼店員

雇用形態

アルバイト

仕事内容

お客様のお席へのご案内。注文内容の承り、厨房へ確認。配膳・下膳・会計。店内の清掃。調理補助。

一日の平均労働時間

8時間

一日の平均残業時間

30分

休日出勤の有無

1ヶ月に1、2回有る

その仕事に就いたキッカケは?

俳優業に期間限定で打ち込む傍らで生活費を稼がなければならず、賄いがあり全国的に労働規定がしっかりしていそうなイメージから。通勤の最寄駅前に位置していることもあり、ヘルプで他店に回されても大丈夫だと思われた。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

バイトルドットコムより

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

年上を敬う精神、どんなお客様にも分け隔てなく接する姿勢、一秒単位でやらなければならない仕事を見極める観察眼

その仕事に就くのに苦労したこと

俳優業と同時になぜこの仕事を選んだのかと問われた際の最もな理由を考えること

1日の主なスケジュール

年収

140万円

職場の平均年齢

26歳

魅力、やりがい

日本を支える働くサラリーマンが通う超多忙飲食店なので、様々な企業の方々が三分ほどで十人ずつ入れ替わり来店するのは緊張感と仕事の速さを鍛えられます。
特に配膳スピードと安さを謳っているので、常に五人の言葉を聞き分けなければならず、目の前のお客様に商品を提供しつつ厨房で何が作られているかを聞き取り、視界の端でお待ちになっているお客様と二階の空席状況、会計をしたいと目線を送ってくる方へのアイコンタクトに気を払わなければなりません。
ランチタイムには三秒と止まっていられません。
勤務先は東京でもトップの来客数を誇っていたので、バイトも精鋭が揃っており接客がなんたるものかを学ぶ上では非常に質の良い修行場所でした。
まずは発声を、その次にはアイコンタクトで言葉を発さずとも自分のポジションを見極める、その過程は辛いものの成果が店の円滑な活気とお客様の満足な表情に現れるので達成感を得られます!

大変なこと、苦労したこと

スピードが常に求められる中での注文ミスは全ての流れを狂わせ、お客様の不快感に直結します。
本来ならば一分以内に提供される商品が三分もかかってしまえばクレームが入り、時には怒鳴られることも多々ありました。
配膳の順番も数秒差であれど正確に行わないと「なぜ俺よりあとに頼んだあの客の方が早いんだ?」と指摘されます。
ランチタイムのみならず、朝食やアイドルの時間にもお客様が複数いらっしゃった時点でこのことは意識しなければなりません。
怒られないために、というよりも会社のモットーに沿うためにという意識で臨むことが重要でした。

その職業の将来性について自分が思うこと

これでもかと気を遣っている日本ですが、今後さらに食品に対する世間の眼は厳しくなってきます。
あの大手のジャンクフードでさえもたった一件の不備から大きく売り上げが変動しました。
この業界は何よりも信頼が第一であり、少しずつではありますが国内でも安さよりも品質と言う流れが主流となってきています。
その中でいかに安さと速さと美味しさを保ったまま今後続いていくかが要ではありますが、同系列の競争の中でもその点については抜きんでていると思われます。
働く日本人を支えるごはんとして、末永く残って欲しいです。

ここだけの話(裏話等)

チェーン店が町内に複数存在し、互いに売り上げを確認し合って食材の過不足、過多に応じて店同士で調節し合っています。
材料を持って町の中を移動するのは責任重大で緊張します。
もちろん徒歩数分県内に限られる話なので、あまり見かけることはないでしょう。

その職業を目指している方にメッセージを!

普段お世話になっていた商品を賄いとして自分の手で作った時の感動をぜひ味わってください! 客として通っていた時には見えなかった店員がいかに気を配り、いかに無駄なく動いているかは学ぶことが沢山広がっています。
たかがチェーン店バイトとしてではなく、一流の接客を身に着けるのだという意識で臨んでください。
たとえ半年でも、ここを乗り切ったのだからこの先どんな職種でも自分はやっていけるという自信がつきます。
最初の一か月は厳しいですが、二か月目からは毎日進歩が楽しめるので続けてください。

お仕事 5段階評価

給料
やりがい
労働時間
将来性
安定性
21~25点

【牛丼店員】片桐さんのお仕事自己評価は
24点です。

関連お仕事(接客・販売系)