【自動車製造業】葉山隆二さんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【自動車製造業】葉山隆二さんのお仕事レポート

ハンドルネーム

葉山隆二

性別

男性

年齢

45歳

都道府県

熊本県

職業

自動車製造業

雇用形態

正社員

仕事内容

自動車の製造(ボデー周り、エンジン回り、内装関係、塗装関係、検査関係の部品の取り付け等)

その仕事に就いたキッカケは?

期間従業員で働いていましたが、バブルに突入してしまった為、順次首切り等となるはずでしたが、上司のアドバイスとはからいにより、準社員にしていただきました。その後社員となりました。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

職業安定所の募集広告を見て面接を受けにいきました。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特にはありませんでしたが、自動車整備や電気工事、その他工業系の資格を持っていると有利だとは思います。

その仕事に就くのに苦労したこと

私が入社したのはバブルの絶頂期だったので、人手不足の感があったためそれ程苦労はありませんでした。

1日の主なスケジュール

【自動車製造業】葉山隆二さんの一日のスケジュール

※残業があればそこから約1、5時間程度
※夜勤も有り

年収

500万

職場の平均年齢

20歳から35歳

魅力、やりがい

この仕事で一番の魅力といえばやっぱりお金を沢山貰えることではないかと思います。
福利厚生も自動車メーカーですのできちんとしていますし、休みも土曜日は休みの時とそうでない時がありますけど日曜日や大型連休もまとまった休みがあります。
それとやりがいでいえばある程度年数を重ねてくると色々な仕事を任されるようになり、気分転換できるという事ではないかと思います。
あと後輩や派遣社員の人達が入社してくるとその人達に仕事を教えるというやりがいがありました。

大変なこと、苦労したこと

一番大変だった事は夜勤勤務があったことです。
普通の人達が仕事を終えて帰る時刻から出勤し、みんなが出勤する時刻に帰るという生活パターンを送っていました。
仕事自体は夕方から始まりますけど、夜中12時くらいまでは結構元気よくはたらけます。
しかし夜中3時から朝6時迄3時間の長い時間、休憩なしで仕事(ライン作業)していましたので、この時間が一番体力と気力の勝負でした。
でも苦しい事ばかりではなく、昼間にある程度仮眠をとり、やりたい事を出来るというメリットもありました。

その職業の将来性について自分が思うこと

この職業は人それぞれ感じ方が違うとは思いますが、苦しいと思えば苦しくなってくるし、又楽しいと思えば楽しい職業だと思います。
私がいた職場は結構楽しくてみんな和気あいあいとしていたためかそれ程苦には感じませんでした。
又将来性についてですが、真面目に仕事に取組み、周りとの協調性を大事にすることで仕事自体も面白くなり、能率も上がってくると思います。
特にこの仕事で出世したいと思うのであれば、毎年1,2回やってくる品質向上の為のプレゼンのようなサークルがあるのですが、これを真剣に取り組む事によって、出世への道が開けてくるのです。

ここだけの話(裏話等)

現在はもう退職していますが、私が、この仕事をやっていた時にいちどある大物ハリウッド俳優が来た事があります。
私もその人を人目見たかったのですが、丁度一足違いで去ってしまった後でした。
その人のファンなので、人生に一度はあってみたかったです。

その職業を目指している方にメッセージを!

現在、この職業が私がいたころのスタイルと同じであるかどうかはわかりませんが、一生安定した収入と生活を求めるのであればこういう仕事もありかと思います。
とにかく私の職場は先輩と後輩の垣根があまりない所でしたので、話もしやすく誰とでも仲良く出来る所が魅力的でした。
仕事に関していえば結構きつい時もありましたけど、人間関係がうまくいっていれば、仕事が多少きつくてもそれなりに続いて行くと思います。
この職業にかんしては定年までいれれば本望だったのですが、体力的にちょっときつくなってしまいましたので20年勤めて退職しましたが、自分の努力次第で出世も出来ると思いますし、安定感もある職業だと思います。
それと自分の造った車が道路を走っているという実感もあります。
車好きの人はこういう仕事もいいのではないでしょうか。

お仕事名に【自動車】を含む仕事
関連お仕事(製造系)