【動物看護士】まいまいさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【動物看護士】まいまいさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

まいまい

性別

女性

年齢

21歳

都道府県

北海道

職業

動物看護士

雇用形態

正社員

仕事内容

診察、処置、手術以外の動物病院業務全般。
受付、診察補助、手術補助、会計、電話応対、掃除、商品発注など。

一日の平均労働時間

10時間

一日の平均残業時間

1時間

休日出勤の有無

半年に1回有る

その仕事に就いたキッカケは?

家族で犬を飼っていて、その愛犬が病気になった時に通院した動物病院の看護師さんがとても優しく憧れを持ったため。

どのようにしてそのお仕事を見つけましたか?

動物系の専門学校に入学し、その学校からの紹介。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

特になし。

その仕事に就くのに苦労したこと

専門学校に入学し2年間かけて動物看護士認定資格を取ったこと。(民間資格なので資格がなくても働けます。)

1日の主なスケジュール

年収

144万円

職場の平均年齢

22歳

魅力、やりがい

動物が元気になっていく姿、それを見て飼い主さんが涙を流して「ありがとう」と言ってくださるときに一番やりがいを感じます。
また変わった犬種や猫種、犬や猫だけではなくウサギやハムスター、鳥も来院するので常に勉強になります。
ペットホテルで預かる犬や猫のお世話の一環で遊んであげるときはとても癒されます。
自宅でペットを飼っている場合は、安く診察を受けられたりご飯を安く買えたり新商品のサンプルをもらえたりすることもありますのでお得です。

大変なこと、苦労したこと

お給料に見合わないほどの重労働です。
拘束時間は12時間と長く、その間やることは尽きません。
大型犬を持ち上げたり、大量のドッグフードの在庫を持ったり力仕事もかなり多いです。
また動物は痛かったり体調が悪かったりして気が立っている状態で来院することが多いので、噛まれたりひっかかれたりしてケガをすることもあり、血が止まらないほど深い傷になることもしばしばあります。
個人経営の小さな動物病院だと、社会保険がついていないこともあります。

その職業の将来性について自分が思うこと

正直この仕事は3K(汚い・危険・きつい)と言われていてさらに安月給ということもあり離職率が高いと思います。ですが信念をもって続ければ学べることはたくさんあるように思います。
動物に関する知識だけでなく接客や電話応対まで幅広いことを勉強できますし、急患が来たときの落ち着いた迅速な対応も身に付きます。
その学んだ様々なことはベテランになれば自信に繋がりますし、ほかの業種でも活用できます。
私はこの職業に将来性はあまり感じられませんが、仕事内容に将来性を感じます。

ここだけの話(裏話等)

しつけがきちんと入っていないすぐ噛んで飼い主さん以外触れない犬だったり、吠えて止まらなくなったりする動物のカルテには、何かしらの目印をつけていて、来院した際にはエリザベスカラーや口輪の準備を先にしていることがたまにあります。

その職業を目指している方にメッセージを!

動物看護士になりたくて専門学校や大学に通っている学生さんはたくさんいると思います。
初めは仕事内容がきつかったり、労働時間が長かったりしてとにかく大変かもしれません。
ですが仕事に慣れて、余裕を持って動物の様子を観察したり飼い主さんとお話が出来るようになったとき、やりがいが見えてくると思います。
また余裕ができると細かいことに気付くようになり、自分の気付きで飼い主さんの不安を解消できたりして感謝されるようになります。その時にこの仕事が心から楽しくなりますので、どうか諦めず頑張ってください。

お仕事 5段階評価

給料
やりがい
労働時間
将来性
安定性
11~15点

【動物看護士】まいまいさんのお仕事自己評価は
11点です。

お仕事名に【動物】を含む仕事
関連お仕事(自然・動植物系)