【広告代理店】ネスさんのお仕事レポート

未来の私

ホーム >> 【広告代理店】ネスさんのお仕事レポート

ハンドルネーム

ネス

性別

男性

年齢

26歳

都道府県

三重県

職業

広告代理店

仕事内容

広告代理店。
主に新聞内広告、折り込みチラシ、フライヤー、ショップカードなどの営業。

その仕事に就くために必要なもの(資格・学歴等)

資格は基本的には必要なし。
学歴は大卒もしくは専門学校卒業。

その仕事に就くのに苦労したこと

就職までに苦労したことは特になかったです。

1日の主なスケジュール

8時出勤で、その日のスケジュールを確認し、定時である5時15分までを外回りの営業です。
会社に戻ってたらクリエイターとの打ち合わせやその日のまとめなどをします。

年収

300万円

職場の平均年齢

30歳

魅力、やりがい

やはり営業先への提案が通った時やその提案の結果が目に見えて出たときなどはやりがいを感じます。
広告を出したことによる入客数増や売上増などがあって先方に感謝されることや、結果を踏まえたうえで頼っていただくことはやりがいに通じると思います。
小さい仕事が主にはなってきますが、イベントの企画実施と設営や、ラジオやテレビのCM制作などの大きく目立つ仕事も多かったので、一から作り上げるイベント終了後や、あのCM見たよとか声をいただくことはうれしかったです。

大変なこと、苦労したこと

取引先が多種多用の業種に渡っていたので、先方の時間に合わせるためなかなか自分のプライベートの時間を作りにくいところはかなり大変ですし、帰宅後やデート中に呼び出しや連絡があることも非常に多いのも大変なところです。
そしてイベント企画などは大型連休や土日がほとんどなので、休日出勤も非常に多かったです。
営業という職業柄、一日中車を運転することがほとんどなので疲れます。
そして、チラシやフライヤーなどの制作に関してはクリエイターに任せるので、自分の想像していたデザインにならない、伝わらないことも多かったです。

その職業の将来性について自分が思うこと

企業、店にとって宣伝広告というのは今後なくなることのない、必要不可欠なものだと思います。
しかしながら、無料の広告媒体の増加や紙媒体からネット媒体への移行などがあり、取り扱う媒体によっては非常に厳しいと感じます。
私の働いていたのは田舎の広告代理店というのもありましたので、昔からのつながりや付き合いを大事にするクライアントも多く、新規参入の難しさも感じました。
常にアンテナを張り、時代やクライアントのニーズに合わせることができれば十分に将来性のあるものだと感じました。

ここだけの話(裏話等)

本当に接待が多いことに驚きました。
営業職はどこもそうかもしれませんが、定時という概念がなく、他の職種と比べて自由は多いように感じますが、時間の見境がなく働かなければなりませんでした。
休日もほとんどちゃんと休むことができませんでした。

その職業を目指している方にメッセージを!

自分のことを信頼していただけるクライアントをいくつも作ることができれば、精神的にも肉体的にも楽にはなってくるとは思いますがそれまでが非常に大変です。
自分の時間を犠牲にする代わりにやりがいも大きいですし、結果が明確に数字で出ることもやりがいを感じるポイントだと思います。
資格や経験も特に問われないですが、相手を納得させるプレゼン能力や説得力、裏付けする知識も必要になってきますので、働いてから覚えることも多いです。

関連お仕事(専門・企業サービス系)